クレジットカードは奥の手として位置付けていますね

私はクレジットカードを、人生の奥の手として考えています。まぁそこまで大袈裟な話でもないのですが、やはり急な出費というものは付きものですからね。それが社会人ともなれば、それなりの面子というものもあります。もしも急な出費の際に「お金が無いんで」と言うのは、私の中ではちょっと許されない行為なのですよ。そこで活用させていただいているのがクレジットカードなのですが、あくまでもこれは奥の手という位置づけです。不測の事態になった際であっても、クレジットカードがあれば問題なく事態を打開できるはずです。こうした心持ちの違いが生じるのも、クレジットカードを所有していることの利点でしょうかね。いずれにしましても、社会人にはクレジットカードは必須ですね。私はそう思います。